お腹のマッサージで便秘解消!

お腹が張る、痛む、ずっと重くてだるい……便秘は老若男女問わず辛いものです。便秘は美容の大敵、とはよくいいますが実際のところ美容以上に健康の大敵です。調子が悪い感じになるだけではなく、実は便秘そのものが原因で腹膜炎などを起こし、最悪死亡に至ることもあります。たかが便秘、出なくて気持ち悪いだけ、と侮ることはできないのです。

とはいえできれば薬などには頼りたくないところですよね。特に小さいお子さんやペットなど体が小さい場合、腹筋の小ささやぜん動運動の小ささから便秘は悪化しがちなのに、強い薬を使って出させることはこれまた体の負担になりかねないからできない、といった悪循環に陥ることもあります。漢方だから大丈夫といって漢方薬を飲む人もいますが、実は一般的な便秘薬とは比べ物にならない作用と副作用、両方持つケースもあります。漢方薬だからと無条件に使うことは危険なのです。善玉元気 効果

ではどうしたらいいか、というところでおすすめしたいのがお腹のマッサージ。これは自分でやるも良し、人にやってもらうも良し、です。まずはみぞおちのすぐ下を親指以外の4本の指の腹で、苦しくない・あるいは痛くない程度にゆっくり押し込みます。次にそのすぐ下を同じように押し込み、次にそのまたすぐ下を押し込む、というようにゆっくり指圧を加えながら下腹部まで下りて行きます。下腹部に到達したら今度は右方向(他の人に施術する場合は左方向)へ。そのまま大腸を順に指圧して行くイメージで、腹部をぐるりと大きく指圧していきます。ちょうど鏡に映したら逆のの字になるイメージです。数周指圧を繰り返すと、やがてお腹が動く感じがつかめるようになるはずです。

また、「便意はあるけどトイレに行くと出ない」という人は、上記のマッサージをその場でやるとともに、右脚を上にトイレに座ったまま脚を組んでみることをお勧めします。これまた大腸を下から押し上げて刺激する形になるので、より出やすくなるのです。

体をうまく刺激してあげることで便秘は意外と解消できるものです。できる限り薬に頼らず、自然に便秘を解消したいものですね。